※当サイトはプロモーションを含みます

コミュニケーションを取ると図るの使い分けは?違いや使い方を詳しく解説

スポンサーリンク

日本語には難解な表現が数多く存在し、「コミュニケーション」という言葉もその一つです。

この言葉の使い方には、多くの日本人も頭を悩ませます。

特に以下の二つの表現が一般的です。

  • コミュニケーションを取る
  • コミュニケーションを図る

これらの使い方を正しく理解するための解説をします。

スポンサーリンク

コミュニケーションを取ると図るはどちらも正しい使い方

コミュニケーションを取る」と「コミュニケーションを図る」という表現は、どちらも正しい使い方です。

大切なのは、それぞれをどの文脈で使用するかという点です。

詳しく解説していきますね!

コミュニケーションを取るとはどういう意味?

コミュニケーションを取る」とは、具体的に意思疎通や情報の共有を行うことを意味します。

例えば、友達と話をすることを指して、「友達とコミュニケーションを取った」と表現します。

コミュニケーションを図るとはどういう意味?

それに対して、「コミュニケーションを図る」は、意思疎通のために計画や努力をすることを指します。

例えば、普段話さない人との会話を計画する際
コミュニケーションを図る」と言います。

この表現は、スムーズなコミュニケーションを目指す戦略的な取り組みを示しています。

コミュニケーションの別表現で理解を深める

「コミュニケーション」という言葉に迷ったときは、「コミュニケーション」を別の言葉で置き換えてみるのがおすすめです。

「意思疎通」「交流」「連絡」など、他の言葉に言い換えることで、使い方がより明確になるでしょう。

例えば、「意思疎通を図る」や「交流を図る」、「連絡を取る」といった表現があります。

コミュニケーションを取る漢字はあってる?正しい漢字は?

「コミュニケーションをとる」の正しい漢字表記について、迷うこともあるかもしれません。

一般的には「取る」と書かれますが、「とる」という漢字が多すぎて「採る?」「捕る?」と悩んでしまうこともあるかもしれませんね。

「コミュニケーションをとる」という場合、一般的には「取る」と表記されます。

「獲る」「執る」といった他の漢字もありますが、それぞれ特定の用途で使われます。

「取る」は「連絡を取る」のような文脈で使われることが多いです。

コミュニケーションをコミニュケーションと言い間違える理由

「コミュニケーション」を「コミニュケーション」と言い間違えたり、「シミュレーション」を「シュミレーション」と言うような間違いは珍しくありません。

これは、日本人にとって「みゅ」という発音が難しいためです。

「マスコミ」という言葉も本来は「マスコミュニケーション」の略で、発音のしやすさから生まれた表現です。

まとめ

この記事では、「コミュニケーションを取る」と「コミュニケーションを図る」の違い、正しい漢字の選び方、そして日本語の発音特徴について説明しました。

「取る」と「図る」という用語はどちらも正しいですが、それぞれには以下のような違いがあります。

  • 「取る」は、具体的にコミュニケーションのプロセスを行うこと。
  • 「図る」は、コミュニケーションがスムーズに行えるよう計画や準備をすること。

また、この話題に関連して、「コミュニケーションをとる」という表現の漢字についても考察しました。「取る」という漢字が一般的に使用されています。さらに、「コミュニケーション」と「コミニュケーション」の言葉の混同についても触れましたが、この記事を通じてその違いをはっきりと理解することができました。

このように、今回の内容を通じてコミュニケーションに関する知識が深まり、今後は自信を持ってこれらの表現を使い分けることができるようになりました。


これらのポイントを押さえることで、「コミュニケーションを取る」「コミュニケーションを図る」という表現を適切に使い分けることができます。

タイトルとURLをコピーしました