※当サイトはプロモーションを含みます

ミモザを庭に植えてはいけない!?事前に知りたい5つの注意点

スポンサーリンク

多くの人が、新しい家を建てたり、特別な記念日に庭に木を植えることを楽しんでいます。

そんな時、鮮やかな黄色の花が特徴のミモザを選ぶ方もいるかもしれません。

私自身、ミモザはとても好きです。しかし、私は自分の庭にミモザを植えることはお勧めしません。その理由は、ミモザを庭に植えた後に後悔する可能性がある5つの点があるからです。

この記事では、ミモザを庭に植えるべきでない理由をご紹介します。

スポンサーリンク

ミモザを植える際の5つの注意点

「アカシア」とも呼ばれるミモザは、その名で広く知られています。

特に日本で一般的な「ギンヨウアカシア」は、寒さに強く手入れもしやすいですが、ミモザを庭に植えると次のような困難が生じることがあります。

1、ミモザは成長すると思った以上に大きくなる

以前述べたように、ミモザ(ギンヨウアカシア)は耐寒性があり、成長も速いです。

この木は成長すると5~10メートル程度の高さになることがあり、二階建ての家よりも高くなる可能性も。美しい花を理由に植えたはいいものの、後で扱いに困ることもあります。

2、ミモザの強度は低いが成長が速い

成長が速いミモザですが、根が十分に強くないため、若いうちには支柱が必要です。強風には抵抗できず、簡単に倒れてしまうことがあります。

剪定は花が終わる7月ごろに行いますが、9月の台風シーズンには、再び枝が伸びることが多いです。

このため、台風による倒木防止のための対策が重要です。

3、雪の降る地域では特に注意が必要

風に弱いミモザは、雪の重みにも弱いです。

寒さには耐えるものの、枝に積もった雪の重さで木が倒れるリスクがあります。

美しい黄色い花を咲かせるミモザを日本で育てる際には、台風や雪に対して一年中注意が必要です。

成長したミモザが倒れると、大きな問題になり得ます。

4、ミモザは剪定が必要

ミモザは植えてから1~3年で花を咲かせることがよくあります。

でも、花が咲かないと不思議に思っている方もいるでしょう。もしかすると、台風対策で花芽を含む枝を間違って切ってしまったのかもしれません。

さらに、風や雪での倒木リスクを持つミモザの剪定では、枯れ枝や長い枝を上手に間引き、適切な隙間を作る必要があります。

支柱を使うことも大切ですが、適切に枝を選んで剪定することも重要なポイントです。

5、害虫への対応も大切

ミモザには、イセリアカイガラムシや葉を食べるミノガなどの害虫が付きやすいです。

イセリアカイガラムシは樹液を吸い取り、その排泄物が葉に付着して「すす病」の原因となることがあります。

また、これらの排泄物はスズメバチなど他の害虫を引き寄せるため、薬剤による駆除などの対策が欠かせません。

ミモザを庭に植える前に考慮すべきポイント

これまで述べたように、ミモザを植えた後の手間や困難にも関わらず、その魅力的な花は多くの人を引きつけます。

困難を理解した上で、それでも庭にミモザを植えたいと思う方もいるでしょう。

そこで、ミモザを植える前に、特に注意すべき点を考えてみましょう。

植えるスペースは十分に広いか?

ミモザを育てる際、まず考えるべきは植え場所の選定です。

ミモザは成長が早く、10メートル程度まで大きくなる可能性があるため、広いスペースが必要になります。

さらに、倒木のリスクを軽減するためにも、風がどの程度吹くかも慎重に考慮するべきです。

狭い庭でのミモザの育て方

スペースが限られている庭でミモザを育てたい場合、どのようにすれば良いでしょうか?

そのような場合は、ミモザを鉢植えで育てる方法があります。鉢植えにすることで、根の成長を制限し、ミモザの成長速度を抑えることが可能です。

ただし、鉢植えの場合は根詰まりに注意が必要です。根詰まりが起きると、葉が急に落ちることや植物が枯れる可能性もあります。

ミモザが鉢の中で大きく成長したら、より大きな鉢に植え替えることをお勧めします。

手入れが大変なミモザ、向いていない方も

ミモザはお手入れが大変な植物です。苗木の時は定期的に水やりが必要ですが、成長すると自然と大きくなります。

このため、ミモザは手間がかからない庭木とも言えますが、何も手入れをしないと強風や雪で倒木するリスクがあります。また、大きくなると剪定も専門家に頼む必要があることが多いです。

まとめ

ミモザはその鮮やかな黄色い花で、どんな庭も華やかに彩ります。

そのため、庭木としては非常に人気があります。しかし、実際に庭に植えると、考慮すべき点が多くあります。

特に、ミモザは成長が早く、倒木のリスクがある点は忘れてはなりません。

家や車の近くに植える場合は、倒れる可能性を考慮することが重要です。シンボルツリーとしてミモザを選ぶ場合、十分なスペースが確保できることが必要条件と言えます。

以上、ミモザを庭に植えてはいけない!?事前に知りたい5つの注意点でした。

タイトルとURLをコピーしました